ギャンブル中に飲酒を控えるべき6つの理由とは?

あの有名なジェームス・ボンドがテーブルにお酒を置かずに、ギャンブルをする姿なんて想像できませんよね?無類のギャンブル好きが、お酒なしでギャンブルをすることも想像に難しいでしょう。もちろん、自分自身と自分の限度をよく理解しているならば、少量の飲酒は悪いことではありませんが、飲酒は誰にでも、そして、どんな機会にでもできることではありません。なぜなら、飲酒は理性、感情、行動に影響を及ぼす可能性があるからです。

とはいえ、カジノは楽しむ場所であり、エンターテインメントの場であり、社交や食事の場であり、様々なドリンクを嗜む場所でもあります。訪れる人々は単にリラックスして、モチベーションを高めるための雰囲気を必要としているのです。

そこで、以下にて、ギャンブル中の飲酒を控えた方がよい理由を6つご紹介します。節度をわきまえて、楽しくお酒もギャンブルも楽しむようにしましょうね!

  • 感情を完全にコントロールできないから

アルコールの摂取は、感情を掻き乱したり、感情に影響を与えたりします。そうすると、状況を正しく判断・評価できなくなってしまいます。一般的に、アルコールは判断を鈍らせます。完全にコントロールを失ってしまうので、ギャンブル中の飲酒には特に気をつけなければなりません。

精神面へのマイナスな影響に加えて、アルコールは身体面にも影響します。アルコールを摂取したり、アルコールを混ぜて飲んだりすると、ギャンブルの結果に影響が出るため、ギャンブル中は水やジュースを飲むのがベストでしょう。

  • ひどく酔っ払ってしまうから

カジノでは、数え切れないほどの様々なドリンク、とりわけカクテルが用意されており、魅力的なウェイトレスがテーブルを回って、ドリンクをサーブしていきます。こんな状況では誰もが1杯飲んでしまうと、あとは2杯、3杯とグラスをついつい重ねてしまいますよね。

カジノでは無料のアルコールドリンクも提供していますが、それに手をつけないのはなかなか難しいことです。ギャンブル中のアルコールの摂取は、滑りやすい坂のように危険です。気軽に飲み始めたりすると、手遅れになるまで飲酒を止められなくなるかもしれないので、重々気をつけましょう。

  • 予算以上のお金を使ってしまうから

これは、適切な判断ができなくなってしまうことと関連しています。何杯かお酒を飲んでしまうと、当初の予算をオーバーして、手持ち金すべてをドリンク代とギャンブル代に注ぎ込んでしまうこともあります。飲酒を一切しなければ、破産のリスクを少しは回避できるでしょう。

  • 高価かもしれないから

一部のカジノでは、無料ドリンクを提供していますが、すべてのカジノがそうではないということを知っておいてくださいね。ドリンクに関するギャンブルのポリシーは、カジノによって違います。

さらに、テーブルに着いている時は、カクテルウェイトレスにドリンクをオーダーするほうが、はるかに手軽です。ただし、カジノで飲むドリンクは基本的に高価であることが多く、さらにチップ代とあわせて、ギャンブルの予算を食い尽くしてしまいますので、ご注意を。

  • プレイ中のミスに繋がるから

飲酒をすることでリラックスし、アドレナリンとムードを高めることはできますが、ギャンブルをしたいのならば飲酒を避けるのが賢明です。なぜなら、飲酒をすると、飲酒をしていない場合と比べて、先をあせって失敗してしまうことがあるからです。真剣にギャンブルをしたいならば、冷静かつ頭脳がクリアであるべきなので、飲酒は控えましょう。

  • ゲームで不利になってしまうから

スロットゲームのように、一部のギャンブルゲームでは、完全な集中とシラフの状態を必要としません。一方、ポーカーやブラックジャックのテーブルに着くときは、シラフであることと完全な集中が必須になりますので、アルコールは避けるべきです。賭け金が高いほど、シビアさは増すので、十分に気をつけましょう。